青汁アカデミー

健康維持のために沢山の“青野菜”をまとめて摂取したい!そんな要望に応えられるのが【青汁】です!

「不老長寿の妙薬」明日葉ってどんな葉?効果・効能は?

青汁といっても、メインに使われる野菜によって味や風味だけでなく成分も異なってくることはよく知られていますね。
青汁のメイン食材として使われることも多い材料のひとつが明日葉です。
高い栄養価は当然のことながら、明日葉には他の青汁に使われる野菜にはない、とっておきの成分があることから注目も高い野菜なのです。
日本では昔から不老長寿の妙薬とされ、人々の健康をサポートしてきた明日葉についてご紹介しますね。

1.明日葉ってどんな葉?

「今日葉を摘んでも明日には芽が出る」という名前の由来からもわかるように、強い生命力を持つセリ科シシウド属の植物である明日葉。
明日葉は、草丈1メートル程度に育ち、葉と茎を食べるのですが独特の強い香りと味を持つことから好みが分かれる植物です。
原産地である八丈島ではてんぷらやおひたし、バター炒め等にして食べることが多いようですが、苦みと渋みがあることからお子様向きではない味であることは確か。
ですが、驚くほど高い明日葉のパワーを知れば、すぐに明日葉の青汁を飲みたくなるはずです。

2.明日葉の成分は?

明日葉に含まれるのは、βカロチンやビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE等のビタミン類、カルシウムや鉄、カリウムなどのミネラル類、食物繊維です。
これらは他の青汁に使われる野菜に含まれる栄養素の種類と大差はありません。
しかし、明日葉だけが持つ特別な成分があります。
それが「カルコン」「クマリン」という成分。
明日葉の葉や茎を切ったときにじわっと出てくる淡い黄色の汁に含まれる「カルコン」「クマリン」は、明日葉特有のポリフェノールの一種であるフラボノイド。
「カルコン」「クマリン」は高い抗酸化力を持ち、血液をサラサラにするだけでなく、老廃物の排出を促進するなど様々な有益な健康効果をもたらす非常に重要な成分です。
また利尿効果のある「ルテオリン」も含んでいます。

3.明日葉の効果・効能は?

他の青汁にはない「カルコン」「クマリン」を含む明日葉の効能として挙げられるのが、

  • 胃酸の分泌を抑え胃を整える効果
  • 動脈硬化を予防する効果
  • 高血圧の予防
  • むくみの改善
  • 免疫力のアップ
  • 便秘の改善
  • 美肌効果
  • 骨粗しょう症予防
  • 白内障などの糖尿病による合併症の発症の予防効果
  • 認知症やアルツハイマーの予防・改善効果
  • がんの予防

などが挙げられます。

明日葉についてご紹介しました。
強い抗酸化力を持つ「カルコン」「クマリン」という明日葉特有の成分によって、他の青汁にはない魅力的な効果が得られる明日葉は、毎日の健康や美容のために積極的に摂りたい野菜の一つ。
なかなか明日葉そのものを食べる機会を設けるのは難しいものですが、青汁なら手軽に毎日美味しく摂取できますよ。

メニュー

ページのトップへ戻る