青汁アカデミー

健康維持のために沢山の“青野菜”をまとめて摂取したい!そんな要望に応えられるのが【青汁】です!

美肌にダイエットに大活躍!桑の葉の成分や効能は?

最近、青汁製品で目にすることが多くなったのが桑の葉ですね。
桑といえば、絹を作り出す蚕が食べる葉っぱというイメージが強いのですが、それだけではなく昔から「万病を癒す霊薬」として使われてきた歴史を持つ栄養豊富な植物なのです。
そんな桑の葉の成分や効果・効能をご紹介しますね。

1.桑の葉って?

桑の葉は一般的にも広く生えている落葉性の高木です。キイチゴのような桑の実はジャムとして利用され、桑の葉はギザギザした形が特徴的。
桑は、実や葉だけでなく、根や木皮なども漢方薬として使われており、知らない間に桑が含まれた薬を飲んでいることもあるでしょう。
桑の葉自体は、抹茶のような味と表現されることが多く、飲みやすさでは青汁に使われる素材の中では、一二を争う食材です。
そのまま飲んでも美味しいのですが、牛乳等で割ると抹茶オレのような味になり、さらに飲みやすくなりますよ。

2.桑の葉に含まれる成分は?

桑の葉に含まれる代表的な成分として、ビタミンB1・B2、ビタミンE、カロチンなどのビタミン類のほか、カルシウムや鉄、食物繊維など、同様に青汁の原料として使われる事が多い、大麦若葉やケールに比べてバランスよく大量に含んでいる点が特徴的です。
さらに、桑白皮という生薬の原料となり、「飲む日焼け止め」と言われるなど高い美白効果もあります。
ちなみに蚕が出す絹が白いのも、この成分のおかげ。
他の葉を食べれば緑の絹が作られるんですよ。

ほかにもDNJ(デオキシノジリマイシン)といわれる桑の葉固有の成分は、小腸からの糖分吸収を遅らせ血糖値をコントロールする作用があり、ダイエットにも効果的。
さらに疲労回復に役立つアスパラギン酸、リラックス効果のあるGABA(γ-アミノ酪酸Gamma Amino Butyric Acid)も含んでいます。

3.桑の葉の効果・効能は?

豊富な栄養素を含む桑の葉の効果効能として挙げられるのは、

  • 糖尿病の予防
  • 疲労回復効果
  • 骨粗しょう症の予防
  • 貧血予防
  • 美肌や美白
  • むくみ防止
  • ダイエット
  • 記憶力の向上
  • リラックス

等があります。
桑の葉固有の成分であるDNJやGABAなどを上手に取り入れれば、美しく元気ではつらつとした毎日を過ごすのに大いに役立ちます。
とくに食事をする30分前に飲むと、DNJの働きによりさらにダイエット効果もアップ。ぜひお試しください。

飲みやすくて栄養価も高い桑の葉は、健康のためだけでなく美容目的としても最適です。
そんな桑の葉を毎日無理なくおいしく摂るには桑の葉入りの青汁がとても便利です。
とくにこれらの成分に着目して作られたポリシー化粧品の「桑の葉美人」には女性にうれしい大豆イソフラボンや乳酸菌も配合しているので、さらに効果的に体に働きかけることができますよ。

メニュー

ページのトップへ戻る